--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.07.24 08:53|トマトまつり
今年も、夏恒例の行事「トマトまつり」がありました。


南丹地区の生産者会員と京都市を中心とした消費者会員のみなさんが
交流するイベントです。

1日目は、夕方からバーベキュー。
地元生産者の平飼いの鶏と地元で捕れた鹿のお肉、たくさんの地元野菜です。

安全農産で供給されているリンゴジュースもたくさん用意され、こどもたちも大喜びでした。

宴もたけなわになってくると、子供たちは花火を楽しみました。







2日目。

朝食です。採れたてたまごで卵ごはん、味噌汁、漬物とシンプルだけど
とってもおいしいごはんを。

そして、いよいよトマトハウスに向かいます。
とても天気に恵まれて日差しが暑ーい!
参加者がとても多かったので、2班に分かれることに。

ご飯を食べた手つなぎ工房場所からとぼとぼ坂道を下ること15分。
毎年トマトを作っているYさんのビニールハウスへ。

今年は、アブラムシの大量発生もあったそうですが
ハウスの中は、とてもきれいで、青いトマト、赤く実ったトマトたくさんなっていました。
「1人3個までいいですよ~」とのことで、消費者のみなさんは
さっそくトマトをとりにハウスへ。
横の水道で洗って、大人も子供もガブッと無農薬トマトだから安心して食べれます。











トマトハウスから帰ってきたら、あっという間にお昼です。
みんなで食べる流しそうめんの準備。

園部で無農薬でトマトを作っているもう一人の生産者Hさんが竹を切って持って来てくれました。
みんなで、どうやって竹を加工するのか興味津々。

たくさんの人が集まるほど、盛り上がる流しそうめん。
とても贅沢な時間です。







最後には、こどもたちのお楽しみ、すいか割り!
棒を持って、目隠しをして。「右!」、「左!」「まっすぐ!」とまわりからヤイヤイ言われます。
そして、みんなでおいしいすいかを食べました。





最後に、南丹の生産者のみなさんのご挨拶。
こうして、夏休みの楽しみギュッと凝縮したような2日間は無事終わりました。


スポンサーサイト
2011.07.28 15:46|トマトまつり
7月23日・24日の2日間

毎年恒例の南丹市での「トマトまつり」が開催されました。
お天気にも恵まれ、少し風が吹いて夕方には涼しすぎるくらいでしたが、
たくさんの消費者の会員の皆さんが集まり楽しくおいしく時を
すごすことができました。


23日(1日目:夕方よりバーベキュー)
P7230243.jpg P7230244.jpg
生産者のおいしい夏野菜や午前中にさばいた地元の平飼いにわとりの鶏肉、シカやイノシシ肉のバーベキュー

P7230247.jpg
子供たちは、生産者のトラックに乗って遊んだり、大人とおいかけっこをしたり
そばに流れる山からの水で遊んだりと、とても元気にはしゃいでいました。



24日(2日目:トマト栽培のビニールハウス見学、そうめん流し、スイカ割り)
P7240249.jpg
写真左にいるのが生産者のYさん。参加者に無農薬トマト栽培の説明中。
平飼いの鶏の卵やお米、野菜を出荷しておられます。

P7240250.jpg
みんなでもぎたてトマトを食べてます。

P7240262.jpg P7240258.jpg
そして、そうめん流し!!
写真右は、下流ゾーン。背の小さな子どもたちを中心にみんなそうめんの到着をまっています。


P7240268.jpg P7240271.jpg
最後にみんなでスイカ割りです。
2010.07.21 23:39|トマトまつり
P7170084.jpg
7月17日、いよいよ毎年恒例のトマトまつりがはじまりました!

始まりはみんなでおいしいバーベキュー大会です。

生産者の方が午前中に、さばいてくれた鶏肉や、近くの山で獲れた鹿や猪の肉、
そしてなんといっても、おいしい有機のお野菜がたくっさん!

前日までの梅雨空はうそのように晴れ渡り、気持ちのいい夕空の下
みんなで楽しくごはんを食べました。

夜には、近くのるり渓温泉に行って、会員交流の場である古民家や
生産者の方のおうちへ分宿しました。

P7180085.jpg
2日目の朝はみんなで朝ごはん。

すっかり、真夏のようです。
もう青空が広がっていて、朝のすがすがしい気持ちいい空気の中
おいしいご飯が食べられました。

P7180086.jpg
朝の腹ごしらえがすんだらこれから近くの生産者の農場へシュッパーツ!
初めて会うこどもたちもいる中、いつの間にか仲よしこよし。

自然体の子供たちの姿に、後ろからついパチリ。

P7180087.jpg
みんなで少し歩いて、近くの生産者の方の鶏舎見学とトマト採り体験。
鶏舎とハウスが隣同士に並んで立っています。
生産者の方より説明を受けてるところ。生産者については「生産者のカテゴリ」及び
「獣害被害を考えるイベント」をご覧ください。
鶏舎の説明があります。

P7180091.jpg

P7180090.jpg
なんておいしそうなトマトでしょう!
その場でもいで食べれるなんてまさに有機農業で育てていらっしゃるからですね。

P7180093.jpg
なかなかできない、でも一度はやってみたい「流しそうめん」
トマトまつりでは毎年恒例のイベントです。

P7180100.jpg
そして同じく恒例のすいか割り~!
「右~!左~!」とあちこちから声が飛びます。


P7180102.jpg
子供たちがチャレンジ!
続いて大人もチャレンジ! ・・・案外子供の方がよく当たっていました。

今年は、例年よりも2日目だけの参加の方が多かったようです。
生産者の皆さんとしては、1日目の夕食時、お酒も入って、みんなで語らうのが
楽しみな方が多いので、ちょっとさびしかった模様でした・・・。


それでも両日とも、天候に恵まれ本当によかったです。

2日目の終わりの方、子供たちが会話の中で「またトマトまつり来たいわ~」「うん、来たい~」っていっているのが聞こえました。

自然とそんなことを言ってくれてるのを聞けて、
とてもうれしく思いました。

来年のトマトまつりがとても楽しみです!(o)


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
交流の家 MAP

住所              京都府南丹市園部町埴生垣内14     電話・FAX 0771-65-0188

交流の家 facebook

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

プロフィール

sonobenantan

Author:sonobenantan
使い捨て時代を考える会は、会の契約農家が集まる京都府南丹市園部町に交流施設として2009年加工場を建設、2010年古民家を取得し、都市と農村との交流の活性化及び農家後継者育成に取り組んでいます。連絡先info@tukaisutejidai.com tel075-361-0222 fax075-361-0251

これからのイベント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。