--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.02 05:52|生産者・地域説明
除草剤を使わないことでで一番大変なのが田の草とりです。
一旦根付くと夏にはものすごい勢いで伸び、稲を圧倒してしまい収量もがた落ちです。
田の除草に生産者はさまざまに工夫をこらしています。
南丹市一帯の生産者が、どのように知恵と工夫をしぼっているかをご紹介します。(仁木)

■カブトエビの共生■
奥村3
奥村睦夫さんの無農薬の田では今年もカブトエビが発生して田が濁っていました。

奥村
カブトエビ
カブトエビを生息させることは除草効果があります。

露地いちご
奥村さん(写真左)は全国でも極めて珍しい露地栽培のイチゴを出荷しています。地元猟友会の会長でもあります。

露地いちご

露地いちご
イチゴには獣害対策のネットが張られています。



■トロトロ層■
谷口
谷口成夫さんの無農薬田の除草は、米ぬかを中心に行われています。米ぬかを播くことで、米ぬかが発酵して発芽したばかりの雑草の根に障害を与えたり、有機物が分解してできるトロトロ層が形成され、雑草の種が埋没するなどの効果があります。

谷口2
トロトロ層です。米ぬかやゴマの油粕などの有機物が、発酵・分解されることで形成されます

谷口3
中央で除草機を握っているのが谷口成夫さん。除草機は島根県の大正農耕というところから注文した独特のものです。谷口さんは、江戸時代から14代続いている専業農家です。



■チェーン除草■
湯浅
湯浅洋次さんは、昨年5月『現代農業』に紹介されていた、チェーン除草に今年から取り組むことにしました。自前の改造です。ベースとなる除草機は、岡山にあるミノル社の通称「ティラガモ」。

湯浅2
すだれのようにチェーンを垂らしています。チェーン全体の軽量化を図るため、泥の中に沈む部分は太いもの、角材に直付けする部分は細いものをつなぎ合わせています。

このチェーンを田植えを終え、稲が根付いた直後に田の中で引きずり、雑草の若芽を根こそぎにします。水の中をチェーンを引っ張ることで、まだ根がしっかりはっていない草を浮かせてしまうのです。







スポンサーサイト
2010.06.01 01:50|生産者・地域説明
 さまざまなメディアが地球温暖化を叫ぶ今、安全農産の農作物の生産地は気候変動からどのような影響を受けているのでしょうか?そもそも本当に地球は温暖化しているのでしょうか?生産者にインタビューしました。南丹地区の生産者、Hさんです。(赤池)

DSCN9615.jpg
Hさんのおられる南丹市園部町。日本の典型的な中山間地です。

Hさんへの質問
 トマト、レタス、ネギ、大根・・・。Hさんに「昔から作り続けてきた野菜は何ですか?」と尋ねると、上記のような野菜の名前が出てきました。
 そこで「昔から作ってきた野菜が温暖化によって作りにくくなっているという実感はありますか」と尋ねると、特別昔と変わらないという答えでした。


温暖化というよりは・・・
 生産者は単純な「地球温暖化」という言葉には違和感を持っておられるようです。Kさんから聞いた「気温が上がったと思ったらまた寒くなり、上がったと思ったらまた下がるので、作物が作りにくくなっている」という話をHさんにしたところ、「それは、ほんまにKさんの言う通りやわ」とおっしゃっていました。昔の知恵が当てはまらない天候や気温が続くことに困惑しておられるのは、どこの農家でも同じなんですね。単純な「温暖化」ではなく「相対的な気候の変動」。生産者の置かれている状況を知るのにどうもこのあたりが重要になってきそうです。



トマトの援農 
しかし、仮に単純な温暖化の影響があまり感じられないとしても、これから連日続くであろう真夏日の農作業が楽であるはずがありません。
 去年はしりぐされ病が早期に出て、例年の6割ほどしか出荷できなかったHさんのトマト。今年はたくさん出荷されることを祈りつつ、トマトの援農にも参加していただけると、きっとパック野菜に入っているトマトを見たときの感動が違うはずです。


※供給されているパック野菜についている「週刊パックニュース」より転載
2010.05.18 17:48|生産者・地域説明

3月25日京都新聞朝刊に地元会員生産者の湯浅洋次さんが紹介されました。


消費者と生産者 理解し助けあわないと
(…)農家を取り巻く現状も厳しい。高齢化して耕作を農家組合などに任せる家が増加、同会(使い捨て時代を考える会)では生産現場を消費者が助ける「援農」などに取り組んでいる。南丹では昨年に加工施設を設置し、新規就農希望の研修生を受け入れるため、古民家を取得する計画も進行中だ。「消費者と生産者が顔を合わせ、どう理解して助け合えるか。研修生がきて若い仲間ができれば、息子の世代も農業に就きやすい」と期待している。(一部抜粋)


※新聞文章中の「共同購入800人ほど」は「1300人ほど」(1300世帯ということです)の誤りです(吉永)

■湯浅洋次さんの平飼鶏舎■PAP_0282 - コピー
湯浅さんは900羽の鶏を飼っています。昭和20年から養鶏が行われています。

PAP_0332.jpg
鶏舎です。独特のもので、平飼鶏舎といいます。

平形鶏舎 - コピー
鶏舎の説明です。屋根がトタン屋根になっており、空気が太陽によってすぐ暖められ、外部の空気との循環が活発に起こります。したがって鶏糞混じりの淀んだ空気特有の匂いはまったくしません。鶏も自然に近い状態で飼われています。

湯浅鶏舎説明
下に敷き詰められた藁と鶏糞が混ざります。これを堆肥として田やハウストマトに使っています。

自然循環農法 - コピー
安全農産供給センターの三代目の代表取締役であり、戦後の農業運動に足跡を残している久門太郎兵衛さんが書いた理想とした自然循環農法です。拡大してご覧ください。「トリ小屋よりすべてははじまる」とあります。久門さんは、オーストラリアのパーマカルチャーの創始者、ジム・モリソンさんが日本に来た時、初対面で意気投合したという逸話をもっています。






2010.05.15 21:17|生産者・地域説明
地図
加工場手つなぎ工房と古民家は京都府南丹市園部町埴生にあります。典型的な日本の中山間地です。京都駅から電車とバスを乗り継ぎ計一時間ほどの場所です。バスで来る場合、時刻表をよく調べておくことが肝要です。ここには使い捨て時代を考える会の会員でありかつ、安全農産供給センターに米や野菜を供給している農家が10世帯ほどいます。(吉永)

 
DSCN9615_convert_20100601020030.jpg

上空からのカラー写真です。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
交流の家 MAP

住所              京都府南丹市園部町埴生垣内14     電話・FAX 0771-65-0188

交流の家 facebook

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

プロフィール

sonobenantan

Author:sonobenantan
使い捨て時代を考える会は、会の契約農家が集まる京都府南丹市園部町に交流施設として2009年加工場を建設、2010年古民家を取得し、都市と農村との交流の活性化及び農家後継者育成に取り組んでいます。連絡先info@tukaisutejidai.com tel075-361-0222 fax075-361-0251

これからのイベント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。