--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.25 22:37|援農



ようやく梅雨らしくなってきた今日この頃です。

南丹市園部町で無農薬トマトの栽培をしている橋本さんのハウスで
今年もトマトの援農がはじまっています。
ここで採れた美味しいトマトは安全農産供給センターに出荷され、京都府を中心とした会員さんに届きます。
ハウスが4棟あり、トマトの木は2500本あるそうです。
高齢になりつつある橋本さんご夫妻にトマト栽培を続けてほしいという
消費者からの気持ちもあり、援農の交流が行われています。
今の作業は、支柱に伸びた茎を麻ひもでくくる作業。
また芽というにょきっと伸びる茎をもぎとりながら行います。
どなたでもできる作業です。
今日は、休憩時間に採ったばかりのトマトを参加した皆さんでいただきました。
雨が少なかったからか、甘みが強くおいしかったです。

このトマト援農は7月まで続きます。
重労働ではありません。どなたでも興味のある方はご参加いただける作業です。

緑に囲まれた里山でおいしい空気を吸いながらリフレッシュもできますよ!

毎週水曜(または火曜)に9時~11時30分まで行っています。

車や電車(最寄駅から送迎可能)で皆さん来られています。


詳細は、使い捨て時代を考える会の事務所(075-361-0222)まで
お問い合わせください。

お待ちしていま~す!
スポンサーサイト
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
交流の家 MAP

住所              京都府南丹市園部町埴生垣内14     電話・FAX 0771-65-0188

交流の家 facebook

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

プロフィール

sonobenantan

Author:sonobenantan
使い捨て時代を考える会は、会の契約農家が集まる京都府南丹市園部町に交流施設として2009年加工場を建設、2010年古民家を取得し、都市と農村との交流の活性化及び農家後継者育成に取り組んでいます。連絡先info@tukaisutejidai.com tel075-361-0222 fax075-361-0251

これからのイベント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。