スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南丹地域の現状と行政の取り組み

2014.02.14 12:05|交流の家 
学習会2014年2月1日 (800x600)

2月1日、“地域農業の未来を考える”と題してタイトルの内容で勉強会を開きました。
地方、特に農村部では過疎、高齢化が進んでおり、南丹地域でも状況は同じです。
ここ埴生地区は“準限界集落”と定義されるそうで、
南丹市においても、多くの地域が限界もしくは準限界集落になります。
もちろん、高齢者の多い地域でも、活力のあるところはたくさんあると思いますが、
10年20年先を考えると、やはり何か手を打たなければならないと思います。
当日は、地元の農家や芸術家の方、また移住者されて来た方など多彩な方々が集まり、
さまざまな意見の交換がなされていました。
特に、インターネットの告知を見て参加されたおとなり篠山市の方は、
先進的な地域おこしをされている福住という集落から来られた方で、様々な提案をなされれていました。
ここ埴生は、篠山街道の宿場町に当たり、峠を越えた福住と連携して何かアピールを、
との意見には大いに可能性が感じられました。
なかなか行政区をまたいで、ましてや府県の違いを乗り越えての展開という発想はありませんでしたが、
丹波地域という大きなくくりでこの問題に取り組んでいけたら楽しいだろうなと思える、
有意義な1日となりました。
このような取り組みは今後も続けていきたいと思いますので、皆さんどうぞ次の機会にはご参加ください。
スポンサーサイト
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
交流の家 MAP

住所              京都府南丹市園部町埴生垣内14     電話・FAX 0771-65-0188

交流の家 facebook

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

プロフィール

sonobenantan

Author:sonobenantan
使い捨て時代を考える会は、会の契約農家が集まる京都府南丹市園部町に交流施設として2009年加工場を建設、2010年古民家を取得し、都市と農村との交流の活性化及び農家後継者育成に取り組んでいます。連絡先info@tukaisutejidai.com tel075-361-0222 fax075-361-0251

これからのイベント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。