スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマトの接ぎ木援農

2014.04.01 01:24|援農
NANTANはすっかり春めいて、桜がさきはじめました。

ついこの間まで雪が降っていたのが本当に信じられないくらいです。


まだ今よりも少し寒かった3月の終わりの頃

毎年恒例のトマトの接ぎ木援農が無事に終了しました。

述べ5日間
トマト生産者の皆さん
地元の皆さん方
そして、使い捨て時代を考える会の会員の皆さん(延べ38人)方が援農に参加されました。

このブログの管理をさせてもらっている私も2日間
参加させていただきました。

1日目は、継ぐ作業以外にもいろいろとお手伝いできることがあるので
運んだり、雑草を抜いたり。
2日目の参加は最終日だったのですが
接ぎ木作業や土の片づけ作業(丈夫な袋に苗床の土を戻します)をしました。

あらためて、生産者の皆さんの
特に一番高齢なこのトマトの生産者である橋本さん(御年78歳)の体力にびっくりでした。
重たいものを持つこともそうですが、体の身のこなし方がもう農家のプロであるを物語っておりました。


そして、無事トマトの接ぎ木作業は終わってよかったなぁと思っていたところ
この南丹通信のことを思い出し
まったく写真を撮っていないことに気づき
あわてて参加された方に提供をお願いしたのでありました。
とても接ぎ木の作業をわかりやすく撮ってくださっていたので
助かりました~!!




1 台木の選択  ブログ用 2穂木の選択 ブログ用 3台木の草引き ブログ用 4台木をカットする ブログ用
(左端)接ぎ木の土台となる方のトマト苗(台木)を集めます。
(左中)継がれる方のトマト苗(穂木)を苗床より選んで引き抜き集めます。いい太さを選ぶベテランの目が必要です!
(右中)台木に生えた雑草を引き抜く作業。地味ですが、大事な手順なのです。
(右端)作業台にて台木を双葉の上でカミソリでカット。

6台木にジョイントを差し込む ブログ用 5穂木を切る ブログ用 7ジョイントに穂木を差し込む ブログ用 8できあがり ブログ用
(左端)台木にジョイントを装着。
(左中)穂木も適当なところでカット。
(右中)ジョイントに穂木を差し込みます。
(右端)接ぎ木苗の出来上がり。

9できた接ぎ木をビニールのトンネルで保温する ブログ用 10真剣に作業をする ブログ用 11橋本さんのきびしい指導 ブログ用
(左端)出来た接ぎ木苗を苗床に戻します。土の下には電熱線が入っています。ビニールをかぶせて保温。
(中)完全な分業体制で行います。写真は、接ぎ木作業チーム。
(右端)このトマトの生産者である橋本さんの厳しく熱く指導中。うまく継げていないと、苗が育たずトマトの収穫ができないので、農家さんにとっては、とても気を使う作業なのです。


このトマト援農は、次回5月3日にあります。
トマト苗を別のハウスに定植する作業です。
また、近づいてきましたらこちらでお知らせいたします~! 
スポンサーサイト
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
交流の家 MAP

住所              京都府南丹市園部町埴生垣内14     電話・FAX 0771-65-0188

交流の家 facebook

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

プロフィール

sonobenantan

Author:sonobenantan
使い捨て時代を考える会は、会の契約農家が集まる京都府南丹市園部町に交流施設として2009年加工場を建設、2010年古民家を取得し、都市と農村との交流の活性化及び農家後継者育成に取り組んでいます。連絡先info@tukaisutejidai.com tel075-361-0222 fax075-361-0251

これからのイベント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。