FC2ブログ
2015.05.18 17:04|援農
5月5日 晴天の中、橋本さんのトマト苗の定植作業が無事に終了しました。

参加者は26名と大勢の方の参加がありました。




手前左側がこれから定植する苗、右側が定植後の苗です。ハウスは全部で4棟あります。
今日までに、苗ポットを定植場所へ配置していく作業があります。それにも会員さんが、援農に来られていたりと、橋本さんのトマト栽培には、沢山の消費者会員の方が、関わっています。
トマト援農は、これから茎の誘引とまた芽とりの作業に入っていきます。



ハウスから出れば、里山の綺麗な風景が広がっています。

2015.04.24 22:54|援農
苗の接木の作業が無事に終わり、いよいよトマトを収穫するハウスでの定植作業です。
トマト栽培に興味のある方、農作業の体験をしてみたい方、ぜひこの機会にご参加ください。


日時 5月5日(火・祝)
場所 橋本博さんのビニールハウス
(京都府南丹市園部町南大谷 藪田神社近く)

問合せ・申し込み 使い捨て時代を考える会
(075-361-0222)
2015.04.09 07:56|援農
トマト援農、無事に終了しました。


トマト生産者のみなさん、地元の方々、使い捨て時代を考える会の会員の皆さんでたくさんの苗の接木が行われました。

昨年は、アブラムシが発生したため収穫量も減り大変だったそうです。

橋本さんの無農薬トマトのおいしさは、一度食べたら、忘れられなくなります。

今年こそはうまく育ちますようにと祈るばかりです。

今後は苗の定植作業があります。

例年でしたら5月のG.Wくらいです。

こちらでもまたお知らせします。


2015.03.02 19:10|援農
毎年恒例の援農のご案内です。



無農薬で栽培されて育つおいしい使い捨て時代を考える会の生産者、橋本博さんのトマト。

3月から苗の接ぎ木作業が始まります。
苗はとてもたくさんあるので、生産者の方々以外を手伝ってくれる方を今年も募ります。


接ぎ木とは、2種類の苗をカミソリやクリップなどを使って行います。慣れれば、どなたでもやっていただけます。

トマト栽培に興味のある方、ぜひ参加してみませんか?



日時:3月24日(月)~26日(水)
10時頃 現地集合
※作業自体は生産者の方々により10時前から始まっていますので早めに来られても大丈夫です
※参加人数や天候の具合で、作業状況が変わってきます。その為、日程が急に変更されることがありますのでご了承ください。

場所:橋本博さんのビニールハウス
※南大谷公民館(京都府南丹市園部町南大谷鳥垣内3 )のすぐ下にあります
※お車の方は公民館に駐められます
※最寄りのバス停「大谷」から徒歩5分程
(JR亀岡駅→40系統八田線)
※京都市内方面より同乗可能
JR桂川・阪急洛西口 9:00ごろ
  
持ち物:お弁当、お茶、汚れてもよい服装

申込・問合せ:使い捨て時代を考える会 事務所
075-361-0222またはinfo@tukaisutejidai.com

2014.06.30 08:58|援農


6月最後のトマト援農でした。

↑ご覧のように、真横を向いて支柱に結んでいく感じです。
私はそろそろ届かないゾーンになってきて
次回からはコンテナをお供に作業となりそうです・・・。




一番下の段は、ほとんど色ずいています。
おいしそうです。
収穫は、ヘタの少し上の節のところでとり
剪定ばさみで付け根ぎりぎりのところをパッチン。
そしてコンテナに。台車にのせて、収穫していきます。

次回の援農は、7月3日(木)です!



01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
交流の家 MAP

住所              京都府南丹市園部町埴生垣内14     電話・FAX 0771-65-0188

交流の家 facebook

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

プロフィール

sonobenantan

Author:sonobenantan
使い捨て時代を考える会は、会の契約農家が集まる京都府南丹市園部町に交流施設として2009年加工場を建設、2010年古民家を取得し、都市と農村との交流の活性化及び農家後継者育成に取り組んでいます。連絡先info@tukaisutejidai.com tel075-361-0222 fax075-361-0251

これからのイベント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR